--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/03/10

どうしようか

一番最近やりかけたのは リン民俗調のテスト

で、民俗調本編を書きかけたんだけど とても暗い歌になって
書いてるほうまで暗くなってしまい とりあえず寝かせ中

どんなのかというと…
荒野(砂漠)系少女が
想い通じた相手
目の前で千切れとんだ彼の
形見 というか
布にくるんだ白骨化した指を
握りしめて 戦いに臨む


…暗い あと 重い

こういうのって ここまでのイメージは塊で出てきてるので
「バラバラはやだよね」
「地雷はヤメテ」
「っていうか指グロい」
「戦争反対」
みたいに要素を分解して緩和させるのは難しくて

歌いたいことは「永遠は、ない それでも生きていく 前へ」
みたいなことなんだと自分でわかるんで 他の表現っていうのも
あるんだろうけど これはこれでこれだから

なにいってんだろw

書いたの貼っつけて 重荷を風に流すw


産み落とされた<その日から
その意味を探してきた

君と出会い過ごした日々には
それがためだと信じられた

はじけ千切れた君の欠片
くるんだ指先握り締める

その日々が過ぎても
私は生きている

なすべきことがある
君のいない世界にも

星空の下 交わした 約束




さて、どうしようか。
創作 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
凄く強い女の人だと思います。
想いを寄せた相手が死んでも成すべき事があり立ち上がる。みたいな。
戦争の恐ろしさとか、戦争の犠牲者とかいった意味で反戦争的な歌詞と受け取れば強さあり、切なさありで良い歌詞だと思いますが
指、グロいですかね。。。
でもバラバラになってしまったなら欠片でも欲しいのが女ごころです
生首じゃないんからOKでは?

全く参考にならずごめんなさいm(__)m
No title
コメントありがとうございます。なかなか正面から向きあうのが辛いテーマですけど キャラクターが次に何か動いたときにはちゃんとつかんでモノにしようと思います!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。